マイナンバーをより安全に管理いただくためのシステムをご用意いたしました。


平成28年 1月から「社会保障・税番号制度(マイナンバー)」が開始されます。
事業者は、マイナンバーの取扱いに際し、適切な安全管理措置を講ずる必要があります。


JMMSとは (Joyo Mynumber Management System)

常陽マイナンバー管理システム(通称JMMS)はマイナンバーを安全に保管・管理できるシステムです。マイナンバー制度で求められる安全管理措置に対応しています。

JMMSの特徴

■マイナンバーの保管・管理に特化したシステムです。(番号の金庫)
■ハードウェアとソフトウェアをセットにし、万全のセキュリティ仕様を備えたシステム
 です。
■暗号化されたCSVファイルの入出力機能により他のシステムとの連携が可能です。

JMMSの機能

【基本機能】 マイナンバーの登録、変更、照会、削除
【セキュリティ管理機能】 利用者管理(利用者のID、パスワード登録)
ID別利用可能機能権限設定、利用可能データ範囲設定
管理グループ設定(アクセスできるデータのグループ設定)
アクセス履歴、操作履歴管理
データ暗号化
バックアップ
【外部システム連携】 他システムからの社員番号、続柄、氏名データのCSVファイル取込
CSVファイル作成

物理的安全管理措置

電子媒体等を持ち出す場合の漏えい等の防止

JMMSでは持ち出しの際、記録できる媒体を事前登録された暗号化機能付USBメモリのみに限定しています。

盗難や紛失対策

JMMSで使用するパソコンはHDDを全て暗号化しています。またUSBメモリキーが装着されていない場合、パソコンが起動しない仕様となっています。USBメモリキーとパソコンの保管場所を分けることで安全性が高まります。

機器や電子媒体の廃棄

JMMSで使用するパソコンは、一定の期間で回収し物理的に破壊処理を行いますので、特定個人情報が記録された電子媒体の廃棄において、復元不可能な手段を採用しています。

技術的安全管理措置

アクセス制御

JMMSを利用する専用のパソコンをご用意しますので、特定個人情報を取り扱う機器が特定されます。またユーザーIDごとに利用できる機能と利用できるデータを制御します。

アクセス者の識別と認証

JMMSではユーザーID、パスワードによりログインできる担当者を制御し、正当なアクセス権を有する者であることを確認します。

外部からの不正アクセス防止

JMMSで利用する専用パソコンは、外部との接続を遮断し、インターネットからの不正アクセスや、不正ソフトウェアによる情報の抜き取り等、外部からの不正利用を防止しています。


発売日 平成27年10月  提供予定
価格 常陽マイナンバー管理システム  5年契約  月額8,000円(税別)
●管理システムおよび管理用パソコン使用料
●専用USBフラッシュメモリ(標準2個)
<オプション>
オンサイトガイド(操作説明)    30,000円/回(税別)
設置サポート&オンサイトガイド  50,000円/回(税別)
専用USBフラッシュメモリ追加    6,000円/個(税別)

常陽マイナンバー管理システムパンフレットはこちら

各種お問い合わせ